歯周外科治療の種類

私たちが歯周外科治療をオススメする理由

私たちが歯周外科治療をオススメする理由
歯周病は、現代人の生活スタイルから発生していると考えられます。ここで紹介する治療法は歯ぐきの中や歯の周りをキレイな状態に戻します。これをすることで、歯槽膿漏の予防をはじめ、もとどおりに食べ物をしっかり噛める状態になるのです。また、失われた骨を再生できるので、抜歯の可能性を軽減できます。

歯肉・歯槽形態修正

歯肉を切開し歯根面の清掃(滑沢化も含めて)を行うとともに、歯槽骨整形を行い、よりブラッシングしやすい環境とすることを目標に行います。

組織誘導再生療法(GTR法)

従来の歯周病治療法
歯の支持組織の破壊の程度により、治療方法は異なります。もしも、病気がまだ初期の段階であれば、歯の表面を清掃することで、手術をしなくても組織の炎症をなくすことができます。破壊が進んでしまい、深い歯周ポケットができている場合には外科手術によりプラークや歯石を取り除きます。歯周ポケットを浅くし、感染した組織を取り除くことにより、清掃しやすい健康な歯になります。しかし、歯の支持組織が元に回復したわけでなく、歯を機能的に支えることができるかどうかは確かではありません。また、歯肉は本来の位置より低くなってしまうため、歯が長く見えるようになります。最近まで、歯の支持組織を再生することはほとんどできませんでした。

歯周病の新しい治療法の誕生

歯周治療の最終目的は病気の進行を止め、元の健全な状態に組織を回復させることです。
1980年代の初頭に、歯を救う新しい治療方法の研究がスタートしました。その結果、歯周病のまったく新しい治療方法として、歯の周りに必要な組織を再生させて、歯の支持構造をできるかぎり元の状態に戻すという再生法 (GTR法)が確立され、1990年代になってから世界中で広く応用されるようになりました。
組織誘導再生療法(GTR法)組織誘導再生療法(GTR法)

再生による治療法の目的は、歯が機能するための支持構造を回復させることです。このため歯肉の位置も維持することができます。

あなた自身の生体再生能力を利用

組織誘導再生療法(GTR法)
歯周病で破壊された歯の支持組織(繊維組織や骨) は、その原因を除去すれば再生しようとします。しかし、患部を清掃した後に何もせずそのまま治癒を待つと、必要な支持組織が再生する前に別の軟組織がそこに入り込み、うまく行きません。そこで、ポケットの内部を清掃した後に、メンブレンを設置し、外からの不要な組織が侵入しないように防御します。そうするとメンブレンの下には歯の支持組織が再生を始め、ゆっくりと成長していきます。

歯根分岐部の治療

大臼歯を中心とした多根歯は、各歯根間に分岐部があり、その位置と周囲の歯槽骨ならびに歯肉との関連から難治性の歯周病を発症することも多くみられます。通常の歯肉・歯槽形態修正に加えて、歯根を部分的に抜去したり、分割したりすることで、プラークコントロールを容易にし歯全体を失うことなく機能の保存ができるような症例も多くみられます。



けんじ歯科|インプラント・歯周外科治療|長崎